2012年09月07日

9月9日講演会

今度の9日の日曜日富山県民会館で定期講演会を実施します。

富山県厚生部健康課・ひきこもり民間支援団体など人材育成支援事業費交付講演会
「宇奈月修了生から学ぶ、若者への対応」
〜ひきこもりの現状〜

国の事業であった若者自立塾、基金訓練(合宿型プログラム)は終わった。しかし、ひきこもりやニート、無職の若者の問題は解決したわけではない。社会・経済の状況から考えてみれば、益々、増加することは間違いない。
事業を継続して行く必要性はあるが、そのためには6年間の経験を無駄にしてはならない。そこで私達は公的訓練を受けた若者132名の実態調査を行なった。
「ニートの若者はどういう若者であったのか?」から出発し、どんな心理的状態だったのか?ひきこもりは心身にどのような影響を及ぼすのか?また、精神疾患との関係はどうであったのか?
ひきこもりの長さと精神疾患、就労の相関関係はどうであったのかを調べてみた。そして、ひきこもりの現状と今後の若者への対応のあり方を考えていく。

一部    調査研究「ニートの意識構造と就労・ひきこもりの現状」 
講師 宇奈月自立塾 寮長 牟田 光生
二部    臨床現場からみた自立支援のあり方
             講師 宇奈月自立塾 寮長 牟田 光生

*******************************
日時:9月9日(日)
・受付開始:13時10分
 ・講  演 :13時30分〜15時00分
・質疑応答 :15時10分〜15時50分
・質疑応答2:16時00分〜16時50分
・参加費 :富山県より補助金が出ておりますので参加費は無料です
・定 員 :18名
・場  所 :富山県民会館303号室

主催  NPO法人教育研究所・宇奈月自立塾

問合せ先  宇奈月自立塾
 
〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉5509-16  0765-62-9681 Fax0765-62-1120

定期講演会ですが、今回は富山県の補助金で初めて開催します。
こういった若者の自立支援に興味のある方や保護者・当事者の方も是非ご参加下さい。
参加費は無料です。
皆さまのご参加をお待ちしております。
posted by ネットワークスタッフ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。